>

探偵になる前に考える事

自分の性格を考える必要

自分は果たして探偵に向いているのかは、探偵を目指す前に考えるべきかもしれません。
探偵に向いていないとされる人の特徴は睡眠時間が長い方。
これは本当に大事で探偵の仕事は長期戦になることが多く、それに緊張感も持っていなければいけません。
睡眠を長くとらないとストレスになってしまう人は向いていません。
そしてもう一つは感情移入をすぐしてしまう人です。
依頼者の気持ちを考えすぎてあいまいな調査をしてしまう事が一番よくありません。
そして感情の起伏が激しい方も向いていません。
浮気調査は特に証拠で大きく結果が変わってしまうものです。
常に冷静な強い気持ちが必要になってきます。
依頼者の人生に影響する依頼が多い探偵の仕事は誰でもなれるものではないのです。

探偵学校の存在を知っておこう

探偵になる為に様々なスキルが必要とされています。
あまり知られていませんが実は探偵になる為に必要なスキルを持つための探偵を育成する学校があるのを皆さんはご存知でしょうか。
探偵は様々な事を想定して動く必要があったり、時には身の危険を感じる現場があったりします。
そんな困った状況でも落ち着いて行動できるように探偵学校では、日ごろから特殊な現場にも慣れるための様々な勉強をしています。
この探偵学校に入らないと探偵になれないわけではなので、学校に入るのは自分で自由に選ぶことができます。
探偵学校に入らなかった人の話を聞くと、学生たちで環境も依頼内容も、対象者も学生が行ったりするので正確に言えば、リアルな現場ではないため、必要性を感じない方も多くいます。
探偵学校に通うかどうかは人それぞれのようです。


この記事をシェアする